SSブログ

210722

・野村胡堂作品集読み終える、
 奇譚クラブ・・・第四の場合、左京の恋、鍵、枕の妖異、代作恋文、夢幻の恋、観音様の頬、音盤の詭計、大名の倅、暴君の死、運命の釦、乞食志願、食魔、第四次元の恋、お竹大日如来、結婚ラプソディ、白髪の恋、・・・楽聖物語、芸術としての探偵小説、胡堂百話、最近の犯罪の傾向について、探偵小説と音楽、捕物小説のむずかしさ、無題(故海野十三氏追悼諸家文集)、涙香に還れ、大江戸黄金狂、黄金を浴びる女、十字架観音、幻術天魔太郎、天保の飛行術、百唇の譜、禁断の死針、江戸の火術、芳年写生帖、裸身の女仙、猟食nお果、磔心中、悪人の娘、青い眼鏡、悪魔の顔、踊る美人像、江戸の昔を偲ぶ、女記者の役割、音波の殺人、九つの鍵、古城の真昼、死の舞踏、古銭の謎、呪いの金剛石、死の予告、法悦クラブ、葬送行進曲、流行作家の死、判官三郎の正体、笑う悪魔、水中の宮殿、乱歩氏と私と、眠り人形、天才兄妹、向日葵の目、身代りの花嫁、焔の中に歌う、平次放談、平次と生きた二十七年、銭形平次・・・捕物帖談義、捕物小説について、ペンネーム由来記、銭形平次以前、平次を読む人読まぬ人、平次内明け話、捕物小説というもの、探偵小説このごろ、金色の魔女、振袖源太。大盗懺悔、呪ひの銀簪、復讐鬼の姿、お珊文身調べ、人肌地蔵、七人の花嫁、南蛮秘法箋、美女を洗ひ出す、たぬき囃子、怪傳白い鼠、
人魚の死、朱塗りの筐、名馬罪あり、血潮と糠、平次女難、兵糧丸秘聞、幻の民五郎、歎きの菩薩、くるひ咲、濡れた千両箱、路地の足跡、謎の鍵穴、傀儡名臣、人形の誘惑、庚申横丁、和蘭カルタ、御落胤殺し、双生児の呪い、どんと焼、お藤は解く、碁敵、迷子札、麝香の匂ひ、地獄から来た男、死の矢文、酒屋火事、蝉丸の香爐、城の絵図面、花見の仇討、九十九両、結納の行方、玉の輿の呪、辻斬奇談、平次屠蘇も機嫌、買った遺書、黒い巾着、巾着切りの娘、武光の殺人、八五郎の戀、十手の道、十七の娘、捕物仁義、受難の通人、お局お六、鉄砲汁、禁制の賦、笑ひ茸、許嫁の死、紅筆願文、お篠姉、妹、ガラッ八祝言、北冥の魚、土への愛著、槍の折れ、娘の役目、母娘巡禮、槍と焔、敵持ち、猫の首環、茶汲み四人娘、月待ち、恋をせぬ女、凧糸の謎、百草園の娘、井戸端の逢引、旅に病む女、花見の留守、匕首の行方、鬼女、美少年國、兵庫の眼玉、お女御用聞き、満了分限、苫三七の娘、持参千両、華魁崩れ、軍学者の妾、女臼、綾の鼓、死の踊り子、處女神聖、轉婆娘、飛ぶ若衆、金の番、贋金、五月人形、釣針の鯉、和蘭の銀貨、密室、からくり屋敷,万両息子、白梅の精、隠れん坊、美男番附、弱い浪人、八五郎の孌人、美しき鎌いたち、紅い扱帯、第二十七吉、父の遺書、五つの命、二枚の小判、権八の罪、佛喜三郎、茶碗割り、蜘蛛の巣、秤座政談、縞の財布、彦徳の面、遺言状、お此お糸、一枚の文銭、駕籠の行方、初姿銭形平次八五郎手柄始め、殺された半蔵、金の茶釜、お銀お玉、荒神箒、凧の詭計、佛像の膝、八千両異変、二つの刺青、酒屋忠僕、娘と二千両、閉された庭、仏敵、用心棒、桐の極印、・・・胡堂了

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。